DataTennis. NET

データテニス ドットネット

【振り返り】サーブ速度を比較(錦織 vs ディミトロフ)

公開日:
最終更新日:2017/05/21

      2017/05/21

昨日の記事にも書きましたが、
錦織がディミトロフを下しました。

勝ちはしましたが、ディミトロフのサーブは強力で、
リターンが得意な錦織も、
リターンポイントはあまりとれていないように見えました。

ディミトロフのサーブの強さを確認するために、
両者のサーブスピード(kmh)を比較してみました。
グラフは、1st 2nd Acesの3つで分けています。

20140224_サーブ速度_1st

20140224_サーブ速度_2nd

20140224_サーブ速度_Aces

ディミトロフが200kmhを越えるサーブを多く打っていることがわかります。
1stとAcesを合わせると、計24本もの200kmh超えサーブを打っていました。

ディミトロフは72本のサーブポイントがあったので、
200kmh越えサーブが全サーブポイントの33.3%(24/72)を占めていたことになります。

3ポイントに約1回、200kmh越えのサーブがくるのは辛いですよね。

リターンゲームは、難しかったと思います。
ただ、最後のゲームはよくブレイクしました。
(6-5リードのディミトロフサーブゲーム)

ディミトロフのサーブが弱ったわけではないです。
エースもとられていますし、200kmh越えのサーブを2回打たれています。
ただ、錦織の高い集中力でブレイクを成功させることができました。

さすがでした。

 - blog, プロ選手, 錦織圭