DataTennis. NET

データテニス ドットネット

西岡良仁選手のテニスの試合データ(ボール着地点、選手位置データ)を公開します

公開日:

   

西岡良仁選手のテニスの試合データ(ボール着地点、選手位置データ)を公開します

先日、西岡良仁選手の試合を分析しましたが、その分析に用いた元データを公開します。映像をみながら選手やボールの位置を記録したデータになっており、トッププロの試合をデータ分析してみたい、サーブやリターンポイント率といった基本スタッツだけでは物足りない、といった方に活用していただきたく。

西岡選手の分析記事はこちら
テニスの映像分析ツールでボール着地点・選手の位置データを記録し、西岡・ナカシマ戦を分析

公開データには、
・サーブ・リターン・ラリーなど全てのショットのボール着地点
・リターンやボールを打ったときのショット側の位置と相手の位置
が含まれており、これにデータ処理を加えることで、下のように可視化し、試合分析に役立てることができます。
下図は両選手のリターン位置データで、西岡(右図)に比べナカシマ(左図)がより前でリターンをヒットしていることがわかります。
(1stと2ndサーブで色分け)

公開データについて

こうしたボールや選手の位置を記録したデータのことを、スポーツアナリシスの分野ではトラッキングデータと呼ばれていたりもしますね。

公開するデータは2種類あります。
score-nishioka-nakashima.csv・・・スコアやポイント内容
shot-nishioka-nakashima.csvをダウンロード・・・ショットの着地点と選手の位置
(リンク先をクリックしてダウンロードしてください)

csvファイルなので、EXCELなどの表計算ツールやPythonやRなどスクリプト言語を活用して取り込んでデータ分析することができます。

score.csvの各ラベルの説明

そのポイント時点でのスコアやポイント内容を記録しています

index n番目のポイント
StartFrame 動画との対応フレーム開始位置(データ分析では無視してください)
EndFrame 動画との対応フレーム終了位置(データ分析では無視してください)
Set セット状況
Game ゲーム状況
Score スコア状況
ScoreResult そのポイント結果結果を受けてのスコア状況
Side DeuceサイドかAdサイドか
FirstSecond 1 1stサーブ、2 2ndサーブ
Server どちらのサーブか
PointWinner どちらの選手がポイントをとったか
PointWinA 選手Aのポイント 0 Lost,1 Won,2 DoubleFault
PointWinB 選手Bのポイント 0 Lost,1 Won,2 DoubleFault
pointPattern ポイント内容

shot.csvの各ラベルの説明

point n番目のポイント
frame 動画との対応フレーム(データ分析では無視してください)
ballx ボール着地点x座標(Bounceのとき)
bally ボール着地点y座標(Bounceのとき)
ballx ボール打点位置x座標(Hitのとき)
bally ボール打点位置y座標(Hitのとき)
playerAx 選手Aの位置x座標(西岡)
playerBx 選手Bの位置y座標(ナカシマ)
hitplayer そのショットを打った選手がどちらか
bouncehit Hit・・・ボール打点、Bounce・・・ボール着地点

score.csv

shot.csv

ボール・選手位置の座標について

座標ですが、テニスコートの左上交点が0基準で、横方向がX方向、縦方向がY方向となっています。単位はメートル(m)。

次は

Pythonを使ったデータ処理方法についていずれ公開したいと思っています。

 - blog, データ分析, 西岡良仁